一、まず観音さまの御名を唱え修行の心を持ち道中の出来事はすべて観音さまのおしめしと謙虚に受け入れ、
約束ごとは守り、自分も観音さまになりきった気持で巡拝する。
 
【参拝方法】
①霊場に入ったら、まず水屋で口をすすぎ、手を洗う。
②鐘楼の鐘は撞かない。(厳守)
③本堂向拝で所定の箱に納札、写経を納める。
④灯明、線香、そして賽銭をあげる。
⑤ご本尊の観音さまを心より念じ合掌し読経。(心経、観音経、十句観音経、本尊名号、回向文など)
⑥納経所で所定の納経料(軸五○○円、帖三○○円、おいずる二○○円)を支払い、
納経朱印をしてもらう。納経時間は午前九時〜午後四時、中食時や法事、葬儀のときはなるべくさける。

巡礼の用具
納札、金剛杖、輪袈姿(わげさ)念珠、経本、納経朱印帖、軸、を持つ。


【問い合わせ先】
各寺院にお問い合わせください。